アスリート

NHKガッテン「“新原因”発見!衝撃の肩・首のこり改善SP」で取り上げていただきました

NHKガッテン首コリSP

後頭下筋群への鍼 当院で施術を行い現在もメンテナンスでサポートをしているバレエダンサーの杉山周子さんと当院が行なった鍼とその効果についてのVTRが放送されました。 放送スケジュール 2019年2月13日(水)午後7時30分〜 再放送2019年2月16日(土)午前0時25分〜     TOPページに戻る:肩こりや首こりの治療や解消なら専門情報サイト肩こりラボ  

月刊「ゴルフダイジェスト」4月号で四十肩・五十肩予防のためのインナーマッスルトレーニングの紹介

病院ではなかなか治らない四十肩・五十肩ですが、なってしまう前に予防としてインナーマッスルトレーニングがオススメです。月刊ゴルフダイジェスト4月号で実践方法を紹介しましたのでご覧ください。ゴルフをされる方は必見ですが、肩関節に不安のある方すべてにご紹介したい予防方法ですので機会ございましたらご一読ください。五十肩の治し方の前に予防方法を身に着けましょう。

筋膜リリースを解説します。

浅筋膜と深筋膜の違い

筋膜という言葉の意味・筋膜の構造・筋膜リリースの正確な意味を解説。筋膜のシワは肩こりの原因のひとつですが筋膜にシワができた原因・理由がわからなければ肩こりは治りません。筋膜リリース自体は対症療法です。筋肉のプロフェッショナル・肩こりラボでは筋筋膜リリースを鍼・マッサージ・運動療法・超音波治療で行なっています。

羽生結弦選手が筋筋膜性腰痛症でフィンランディア杯欠場!筋筋膜性腰痛は身近な腰痛です。

羽生選手が腰痛で欠場

筋筋膜性腰痛(きんきんまくせいようつう)という腰痛についての解説。腰痛というとギックリ腰に代表される急性の腰痛、そして、慢性的な腰痛に分けられますが、その治療方法と合わせて肩こり治療の専門家が説明いたします。肩こりは腰痛が原因で起こる場合があり、腰痛を治療できないと肩凝りを治すことはできないのです。

一流アスリートと二流アスリートを隔てる壁〜トレーニング計画の重要性

一流と二流の壁

一流アスリートと二流アスリートの差は身体能力と思われるかもしれません。実際は、そうではありません。もちろん、いくら頑張って努力しても、努力だけでは超えられない壁は確かにあります。それは超一流と一流の壁です。プロアスリートのトレーナーとしてだけでなく治療家としての立場を踏まえ、すべてのアスリートの方へのアドバイスです。

マラソン(長距離走)を走ってどこが痛くなりますか?

プロアスリートのトレーナーとしてスポーツを愛するすべての方へのアドバイス。筋肉痛はどこが痛みますか?その場所から改善すべきことが見えてきます。そう筋肉痛は語るのです。マラソンでしたら、本当に簡単な方法でタイムを縮めることができます。