投稿者「肩こりラボ」のアーカイブ

アスリートが競技力・スポーツパフォーマンス向上のために必要なこと

当院では、ランナーの方々の治療を頻繁にやらせていただいております。その中で少し気になったことがあったのでブログ記事としてアップさせていただきます。(ランナーを例にあげさせていただいていますが、どの競技においても共通していえることです)

ランナーは疲労や痛みがあっても休まずにジョグでつなごうとしますが、理由を説明できますか?

ランナーの方々は痛みや疲労があるとジョグでつなごうとします。(ジョギングはウォーキングとランニングの中間を意味します。)

問題が生じているならば、普通に考えれば完全オフにするべきではないでしょうか?

どんな競技でも、競技に限らず楽器演奏でも、一日でも休むと鈍ると妄信的に信じられています。

そこで、調べてみた所、2~3日の完全休息で有酸素性代謝能力や持久性筋力が低下する、つまりパフォーマンスが低下するという文献はどこにも見当たりません。

例えば、よくあるシンスプリントやアキレス腱周囲炎、膝蓋靭帯炎、腸脛靭帯炎などといったオーバーユースによるスポーツ障害になってウォークやジョグでつなぐということを聞きますが、これも疑問が残ります。オーバーユース(使いすぎ)ならば完全に休ませなければいつまでたっても治らないし、中途半端に行うのが一番マイナスになると思います。

ウォークやジョグはランよりは低負荷ですが、結局は傷んでいる部分に負荷がかかるため治りは悪くなります。そればかりか、かえって慢性炎症と化し難治性のものへと変化していく可能性も高いです。

体を動かさないことによる不安と、なるべく身体能力を落としたくないがためにそのように「つなぐ」ということを行うのだと思いますが、結局痛みが長引きそれに伴いパフォーマンスは低下してしまいます。良かれと思ってやっていても却ってマイナスとなってしまうのです。

疲労と痛みはイコールではないということ

痛みがなくても疲労は科学的な面からみて、間違いなく蓄積します。そして筋の収縮能力や代謝の低下を招きます。(疲労を感じさせ身体機能を低下させるセロトニン・ブラジギニン・水素イオン・カリウムイオンなどといった化学物質が蓄積していきます)

練習した分だけ競技力が上がるというのは残念ながら正の相関関係にはないのです(スキルやエクスペリエンスは別です)。

各競技によって根拠の無い慣習はつきものですが、「陸上長距離」「武道」「バレエ」においては特に多い印象があります。

筋肉だけがすべてではありません。

勘違いがないようにしていただきたいのが、筋肉だけが重要ではないということです。

靭帯・腱・関節包・滑膜などには身体活動を調整するセンサーがつまっており、これらは一定の物理的刺激に非常にもろいのです。そして損傷した場合、基本的に元通りには戻りません。意識の無い部分が合理的に働いてくれることによって、初めて機能的な身体活動が生まれます。機能的な身体活動があるからこそ、ケガが減り、競技力が向上し、良い結果が生まれます。これは非常に重要なことです。

完全な休息をとることは、トレーニングにおいてとても大切です。

以上により、高強度のトレーニング後や、痛みの初期のうちに短期に完全休息を行うことが何にも増してメリットが高いのでは無いでしょうか。ちなみに、急性炎症というのは生理学上48~72時間、つまり約3日間で落ち着きます。言い換えると早い段階で3日間オフをとれば長引くケガとならずに済んでしまうのです。早い段階で3日間のオフをとる勇気が、一年後のあなたのパフォーマンスを大きく左右するでしょう。ケガを繰り返したり、長引いてしまっている場合は、治療の内容うんぬんの前にまずは練習計画を今一度見直す必要があります。

結論

「心・技・体」をまとめて考えると同時に、別々にも考えなければなりません。特にアスリートならば『慣習=良い』 と安直に考えずに、しっかりと自身が噛み砕いて本質を理解した上で行動しなければならないと思います。痛みの感覚が個人個人によって違うように、刺激に対する感受性も千差万別です。仲間が大丈夫だから・・・、有名選手がやっているから・・・ではなく、あくまでもあなたに適しているかどうかが一番のポイントです。

恐らく現状で「損」をしているアスリートは相当数におよぶでしょう。治療の本質は、単に痛みを取ることではなく、その軌道修正を行い善の循環に乗せることだと考えています。

競技パフォーマンス向上に必要なのはメリハリです。

アスリートが、心身共に充実した調子の良い期間が短いのは、個々のオリジナルのリズムを把握できていないケースが多いと思います。

調子が良いとついつい頑張りすぎてしまう。結果的にオーバーワークになり疲労やケガとなり、逆にパフォーマンスが後退してしまうということを繰り返しは本当に多いです。

短期的ではなく常に長い目でみたビジョンをもつこと

短期的ではなく、長期のビジョンをもって、「目的は何なのか?」「どこに照準をあわせるのか?」を常に問いながら体造りと競技力向上が図ることが大切です。

一度決めたら、かたくなにそれに従うのではなく、柔軟な計画性が肝心です。常に目標・ビジョンは変えていく・アップデートする必要があるのです。

目標や計画を柔軟に変更すること、これは強くするべきところは強くし、弱くするべきところは弱くするというメリハリをつける、に通ずると思います。

競技力向上のキーワードは『メリハリ』です。

最後まで、お読みいただきまして、ありがとうございます。

今回の記事はお役に立ちましたでしょうか?パフォーマンスアップについてお悩みの方、なんとかしたいとお思いの方、是非、一度ご相談ください。

SNSにて他の方にシェア頂けると励みになります。

 

 

TOPページに戻る:肩こりや首こりの治療や解消なら専門情報サイト肩こりラボ

 

 

 

この記事を書いた人

丸山太地

肩こりラボ鍼灸マッサージ院代表。日本大学文理学部体育学科にてスポーツ医学を学び、在学中よりトレーナーとして活動。東京医療専門学校にて国家資格を取得。上海中医薬大学へ留学、解剖学実習修了。人体の構造を理解するために、日本大学医学部、千葉大学医学部の解剖学教室にて人体解剖について学ぶ。 <資格>鍼師・灸師・按摩マッサージ指圧師/厚労省認定臨床実習指導者/NSCA-CSCS/日本体育協会認定 スポーツリーダー/中学・高校保健体育教員免許/パワープレート認定トレーナー

整体ですか?

整体を常日頃から利用されている方はたくさんいらっしゃいます。

大きな商業施設には大抵いくつか店舗が入っています。

一日の疲れを癒やすため、毎日の仕事・家事の疲れを癒やすために休日に利用される方も多いでしょう。

肩こりラボって整体院ですか?

はじめて診る患者さんだけでなく、多くの方からこのような質問を多く受けます。

答えはNO!!です。

肩こりラボは整体とは全く違いますと、ハッキリ申し上げます。

そもそも整体ってどういうものかご存知ですか?

整体とは、そのまま、体を整える、という意味ですね。

押したり、揉んだりして、気持ちのいいもの、これが整体のイメージです。

そして、姿勢が良くなる・リンパの流れが良くなる・血行が良くなる・自律神経を整える、といったいかにもカラダに良さそうな「効果」があるとお思いのはずです。

リラックス効果で自律神経のバランスが正されることはあるかもしれません。

ですが、姿勢・リンパ・血行といった治療効果と思いがちな効果はありません。

マッサージでもありません。

整体とは、国家資格を持たない無資格者がマッサージに類似した施術を行う際に使う「用語」です。

つまり、整体の資格といっても民間資格のため、誰でも自分は整体師と名乗ることができるのです。

あなたも整体師って名乗っても問題ありません。

整体の問題点

整体の効果の有無に関係なく、以下の2点の問題があります。

  • 骨折や脱臼、神経麻痺などを起こすおそれがある。
  • 悪性腫瘍などの重大疾患が隠れているような場合でも気づくことができず、結果的に病院での受診が遅れ取り返しのつかないことになる可能性がある。

つまり、人の健康に害を及ぼすおそれがある医業類似行為であり、国民の利益に反するということです。

多くの方が誤解している「整体」と「マッサージ」の違い

では「マッサージ」とは正式にはどのようなものなのか、ご存じでしょうか?

一般的に広く認識されている「マッサージ」は、正式には3つに区分されます。

按摩(あんま)→ 中国から派生した技術です。いわゆる“もみほぐし”です。皮膚に直接触れずに、手ぬぐいやタオル等を用い、体の中心から末端へ向けて施術を行います。(マッサージというと多くの方がご想像するのがこちらです)

マッサージ  →  西洋から派生した技術です。オイルやパウダーなどを用い、皮膚に直接触れて流すような動きで、体の末端から中心へ向けて施術を行います。(マッサージとは本当はこれを指します)

  指圧    → 日本で派生した技術です。手ぬぐいやタオルを用い、体へ垂直に圧力をかけることを基本に、関節運動やストレッチ等も織り交ぜて施術を行います。

 

以上が一般的に知られる「マッサージ」の本当です。厚生労働省が認定した手技療法の中には“整体”“カイロプラクティック”“リフレクソロジー”“アロマ”等は含まれません。法律上、たとえ費用が発生しなくても、他人に「マッサージ」を行うことが許されているのは按摩・マッサージ・指圧師という国家資格を取得した者と医師のみなのです。資格といっても、民間団体認定の簡易資格と国家資格ではその内容に大きな違いがありますので注意が必要です。

歪みを整えることに意味があるのでしょうか?

肩こり・首こりなどで町のリラクセーションや整体屋にいくと、決まって骨盤や背骨が歪んでいるから・・・といった理由を言われたご経験ありますよね?

実は「歪み」というのは医学用語ではないのです。

  1. まず「利き手」「利き足」があるように人間は左右均等ということはありえません。
  2. 人間は構造的に複雑でとても不安定ですので、歪みがあって当然です。
  3. 厳密に骨の異常を改善できるのは医師による外科的手術のみであり、体の外から色々と力を加えてもすぐ元に戻ってしまいます。
  4. 百歩譲ります。では、体が歪んだらいったいどうなるのでしょうか?
    もし、歪みが治ったらあなた様にとってどんな良いことがあるのでしょうか? 果たして“その症状”は本当に消えるのでしょうか?
  5. 歪みが本当に治った人はこの世にいるのでしょうか?

結論、「骨の歪みを原因とする」=「治しようがない」=「治療を続けても変化無し」という事なのです。これでは全くもって“のれんに腕押し”状態です。通い続けても一向に症状が改善しないのは当然のことなのです。

このように、私は本当に治したい方が“治すための治療”を受けることができない現状、求めてもそれに到達できない現状に疑問を感じずにはいられません。

当院は個人個人の生活や癖の中から出来上がった体の「ゆがみ」を肯定します。その上で、根本的な原因をつくる「筋肉」と「動作」に対して徹底的にアプローチを行い、体を造り変えます。体のバランスを整えるという意味では“整体”かもしれませんが、中身は全く別物なのです。 医療なのですから。

 

 

TOPページに戻る:肩こりや首こりの治療や解消なら専門情報サイト肩こりラボ

 

 

 

この記事を書いた人

丸山太地

肩こりラボ鍼灸マッサージ院代表。日本大学文理学部体育学科にてスポーツ医学を学び、在学中よりトレーナーとして活動。東京医療専門学校にて国家資格を取得。上海中医薬大学へ留学、解剖学実習修了。人体の構造を理解するために、日本大学医学部、千葉大学医学部の解剖学教室にて人体解剖について学ぶ。 資格>鍼師・灸師・按摩マッサージ指圧師/厚労省認定臨床実習指導者/NSCA-CSCS/日本体育協会認定 スポーツリーダー/中学・高校保健体育教員免許/パワープレート認定トレーナー

カウンセリング・施術費用について

ご負担いただく費用は一般と比べ約2〜4倍となります。相場は大体10分500〜1000円です。ただ、この一般的な相場の額は無資格者によるリラクセーションでの施術費用が基準です。当院のセラピストは、全員が3年間専門学校にて学び国家資格を取得し、取得後にさらに厳しい研修・審査を経て、知識技術共に一定のレベルをクリアした者のみが施術を行っております。当院でセラピストを目指しても現場に出ることができるのは50%以下です。

未経験大歓迎・わずかな研修で施術を行うリラクセーション・マッサージと何が違うのかよくわからない方が多いかもしれません。肩こりラボがおこなっているのはリラクセーションではありません。

なぜ保険を適用しないのか?

保険を使えること、それは患者さんにとって大きなメリットです。

当院のような鍼灸・マッサージ院が、「肩こり」を保険を使うには大前提として「医師の同意書」が必要です。鍼灸・マッサージが保険適応となるケースは神経痛・リウマチ・腰痛症・五十肩・頚腕症候群・頚椎捻挫後遺症の6つで、この6つのうち「肩こり」は頚腕症候群もしくは神経痛に該当します。

あくまで医師の同意書が必要ですが、医師が書いてくれないこともありますし同意書が保険者に通らないこともあります。

医師の同意書なしで保険適用しているケース

整骨院などで「捻挫ということにすれば保険使えます」「寝違えということにしておきましょう」といった提案をされたことがある方は少なくないでしょう。

骨折、脱臼、打撲、捻挫、ムチウチ、突き指、肩の痛み、腰の痛み、膝などの関節の痛み、筋肉痛に対して保険が適用できるのが柔道整復師がいる整骨院になります。鍼灸師もいる整骨院の場合、これらの症状に対して保険適用となりますが、骨折・脱臼の応急処置、ねん挫や打撲といった原因が明らかなケガの場合は問題ないのですが、それ以外は医師の同意書が必要となります。

ですので医師の同意のもとで保険を使い正しく施術を行っているのならよいのですが、そうでない場合「捻挫」ということにすれば保険が使えるという提案をされます。これは当然ですが不正行為です。

国の財政における医療費の負担増と将来については、誰もが「問題」として認識はされているはずです。

保険が使えるということは、逆に保険適応のために制限がかかるということでもあります。健康保険でいうところの健康というのは、仕事と生活ができるレベルを意味します。よりよい生活のためではありません。国民が仕事をして税金を払う社会人としての生活を最低限保証するための制度です。

100%自費だからこそベストを追求できる

当院の目的は、あくまで治っていただくことです。現在の保険制度の枠組みのなかでは、制限があるためどこでもできるような対症療法しかできません。患者さんの負担という意味では保険適用できることが理想です。ですが、患者さんにできるだけ早く治っていただくことと法律・ルールを守ること、この2点は絶対なのです。これが当院が保険を取り扱っていない理由です。

100%自費に込めた願い

100%自費の対価として「明確な効果」を実感して頂くことは当たり前なのですが、せっかく高い費用をかけるにあたり患者さんが自身の健康やより良い状態になることを貪欲に求めてほしい、という願いもこめられています。施術する側・受ける側双方が、同じ目標に向かって進んでいくこと、これがあるべき姿と考えています。

肩こりラボでのカウンセリング・施術の軸となるもの

当院の理学療法は
根本原因の解明  徹底的な処置  明確な効果
これら3点を軸に行います。

「リラクセーション」は重要な要素

一般的な有資格者の整骨院・鍼灸院であっても、基本リラクセーションに重点がおかれ、気持ち良くしてとにかく通ってもらうことが目的となっているのが現状です。

とはいえ「リラクセーション」はとても大切です。間違いありません。筋肉の緩和・コリのほぐしはファーストステップであり、まずは心身ともにリラックスしていただく、これはマストなのです。

リラックスはあくまで最初の準備段階で、それだけでは当然状態は一向に改善しません。症状の改善だけでなく「症状の発症を抑えること」が本来の目的です。

リラクセーションは、症状を改善するために必要ですが、主となるべきは症状の原因にアプローチする「原因療法」です。

整骨院・整体院の数は増えているのに、苦痛を抱える患者さんの数が一向に減らない

街のいたるところに整骨院ができています。つまり有資格者も増えています。ですが首肩腰の苦痛を抱える人の数が一向に減りません。むしろ若い年齢層にまで広がっています。高い費用と貴重な時間をかけてに通っても結局は同じことの繰り返しとなり、患者さんは通い続けるしか道はなく、最終的には治らないのだとあきらめてしまいます・・・・。これでは本末転倒、医療としての本質はいったいどこにいってしまったのでしょうか?

「患者さんを苦痛から解放すること」が私たちの使命

当院は永続的に通っていただくことを求めません。もちろん一定期間通っていただく必要がございますが、意味のない通院は決して求めません。そのため、道筋・目安を前もって必ずお伝えし、当院の理学療法で改善が見込めない場合は代替案・提案を提示します。

施術自体はマンツーマン。あなたの症状を解決するために取り組むのはセラピスト全員です。

施術はカウンセリングからアフターケアまで完全マンツーマンでサポートいたします。専任スタッフが最後まで担当することを基本とし、患者さんの状態をスタッフ全員で共有することによりご都合の合わない場合でも対応できるよう万全の体制をとっております。施術の技術に関しては当院のスタッフに差はございませんが、施術においてフィーリングはとても大切です。スタッフの変更などのご希望は遠慮なくお申し付けください。直接伝えにくい場合は、受付スタッフにお伝え下さい。

通院しても肩こりが慢性化する理由、それは処置の精度の低さ

もっとも大切なのは症状を引き起こしている原因の見極めです。技術や知識ではないのです。この見極めを最初のカウンセリングやお体を診させていただいた際に、しっかり見立てることができるか否か、これがすべてです。見立ての精度が重要で、これは処置・施術の精度を左右します。

必要十分な時間を確保する

見立ての精度を高めるためには、患者さんとの問診・検査を流れ作業ではなく時間をかけてじっくり行う必要があります。

そして、実際に行う施術・処置にも十分な「時間」が必要です。

無駄に「時間」をかけても意味がありません。なぜ時間が必要なのかといいますと、肩こりの場合、肩の関節と周囲の筋肉は非常に複雑な構造をしており、肩こりの症状に関係している筋肉は59個、関節は9つもあるのです。

当院の場合、59個の筋肉、9つの関節全て、個別に、ひとつひとつ丹念に手技を施します。あくまで身体は動かすものと考え、日常生活の「動き」にアプローチし「動作の改善」を導きます。

肩こりを根本的に解決する施術には1回最低90分の時間が必要

当院の場合、60分間では首肩周囲のみという身体の一部分のみの範囲でも完全にはできません。全身にアプローチしなければなりませんので最低でも90分は必要となります。最低といっても長ければいいというわけではなく、この90分というのは最大限効率よく施術するために必要な時間です。

常に患者さん目線で物ことを判断します。一方的な決め付け、押し付けにならないよう、分かりやすく説明し、患者さんの意見や考えを最大限尊重します。

医療のジレンマを患者さんの視点から考えると、病院では先生と患者さんの距離が遠くて質問したいことや疑問がじっくり聞けない場合がほとんどです。(一般病院3分、よく聞いてくれる病院5分、しっかり聞いてくれる病院10分、当院は15分+術後の説明を別途確保します) 長い時間待ったわりに先生と対話できる時間はわずかで、聞き忘れたことがあっても聞くまでに手間がかかり結局うやむやにしてしまう場合がほとんどです。家に帰ってから不安になることもあると思います。当院はそのようなジレンマを解消すべく、完全予約制とし患者さん個々への時間を十分に確保するとともに、一度でも受診頂いた場合担当施術者といつでも連絡可能な体制を整えております。

逆の例として、一般的な整骨院では、患者さんと施術者が仲良くなり、馴れ合いで施術している場合が多いのですが、当院ではそのスタイルはとっておりません。その理由ですが、仮に施術の効果・改善が見られなかったとしても距離が近ければ「ごめんなさい」で済んでしまう「緊張感の無さ」をうむ可能性があるためです。

費用がなぜ高いのか

他院との違いは「効果」で証明し「希望」を感じてほしい。当院は通い続けてもらうためではなく、あくまで通う必要のないお身体になっていただくための場所。

問診・施術・生活指導・アフターケアに手間と時間をかけなければ慢性疼痛の根本改善はできません。コンビニ以上に整骨院・鍼灸院が世の中にあふれているのにも関わらず慢性疼痛に悩まされる方が一向に減らないのは、手間と時間をかけていないところがほとんどだからです。

保険を使う場合は、どれだけ時間を短くできるか、どれだけ多くの人を診れるかどうかが目的となってしまいます。これは業務・仕事という意味では仕方のないことですが、保険の不正請求が当たり前になっているという異常事態です。

私たちは、100人に対してその場しのぎの緩和をする時間があるなら、それを1人でも多くの人の悩みをなくすために使いたいのです。

なぜなら私たちは「セラピスト」だからです。

私たちセラピストの仕事は、ビジネスセラピーではなくセラピービジネスです。

肩こりラボでは、症状改善のために必要な時間や技術を十分に確保し、カウンセリング・診察・セルフケア指導・術後相談全て含みます。細かいご要望などがありましたら、別途メニューを組み柔軟に対応させて頂いております。患者さんが心底お悩みのわずらわしい症状と決別し、より良い生活を送ることができるよう全力を尽くして参ります。

ご意見・ご要望・お気付きの点等ございましたらお気軽にお申し出頂ければ幸いに存じます。

 

肩こりラボの症状別コースと費用一覧

TOPページに戻る:肩こりや首こりの治療や解消なら専門情報サイト肩こりラボ

 

 

 

この記事を書いた人

丸山太地

肩こりラボ鍼灸マッサージ院代表。日本大学文理学部体育学科にてスポーツ医学を学び、在学中よりトレーナーとして活動。東京医療専門学校にて国家資格を取得。上海中医薬大学へ留学、解剖学実習修了。人体の構造を理解するために、日本大学医学部、千葉大学医学部の解剖学教室にて人体解剖について学ぶ。 <資格>鍼師・灸師・按摩マッサージ指圧師/厚労省認定臨床実習指導者/NSCA-CSCS/日本体育協会認定 スポーツリーダー/中学・高校保健体育教員免許/パワープレート認定トレーナー