東京理科大学オープンカレッジにて講義を行いました②

東京理科大学オープンカレッジにて講義を行いました②

本講義について

201991日(日)に、「ひとりで簡単にできる腰痛の改善方法」と題して、第2回目となる講義を行いました。

東京理科大学オープンカレッジは、東京理科大学が、生涯現役であり続けたい方、社会人として豊かな教養を身に付けたい方、ビジネスパーソンとして見識を深めたい方をはじめとした一般の方向けの「社会人教育・リカレント教育」の場として開講しています。

 

国民病ともいえる「腰痛」の存在

腰痛は、カラダの悩み第1位に挙がっており、もはや国民病ともいえる存在です。

腰痛の多くは、体の柔軟性・筋力・姿勢・動作と密接に関わっています。これらは、日常生活と深い関係があります。つまり、日常生活をちょっと変えるセルフケアを実践すれば、腰痛の悩みが消えるかもしれないのです。

本講座では、慢性的な腰痛を根本から改善するためのセルフケア方法をお伝えし、受講者の皆様と一緒に行いました。セルフケア方法の効果の理由から詳しく解説し、さらに実践したことで、頭で理解し、カラダで覚えられたのではないでしょうか。

 

発信するということ

今回、第2回目となる一般の方へ向けた講義の場をいただき、東京理科大学オープンカレッジの関係者の皆様に感謝申し上げます。
このような発信の場を大切にし、今後も積極的に続けていきたいと思います。

 

 

TOPページに戻る:肩こりや首こりの治療や解消なら専門情報サイト肩こりラボ

 

 

 

この記事を書いた人
丸山太地

肩こりラボ鍼灸マッサージ院代表。日本大学文理学部体育学科にてスポーツ医学を学び、在学中よりトレーナーとして活動。東京医療専門学校にて国家資格を取得。上海中医薬大学へ留学、解剖学実習修了。帰国後、人体の構造を徹底的に理解するために、日本大学医学部、千葉大学医学部にて人体解剖について学び、解剖学を修了。 <資格>鍼師・灸師・按摩マッサージ指圧師/厚労省認定臨床実習指導者/NSCA-CSCS/日本体育協会認定 スポーツリーダー/中学・高校保健体育教員免許/パワープレート認定トレーナー