首と肩

1/2ページ
つらい首すじのコリや慢性的な肩コリでお悩みの方に知っておいていただきたい情報をまとめています。姿勢が悪いから、骨が歪んでいるからって思い込んでいませんか?まず、その思い込みをリセットしましょう。

どうして肩こりが発生するの? 肩こりが発生する仕組み

肩こりとは肩の辺りがこわばって重苦しく感じられる症状のことです。以前は年齢が高くなると発生しやすくなるとされていましたが、近年では若年層にも肩こりだという方が増えました。 現代人にとって無視できないお悩みの1つであり、慢性的につらい不快な症状を抱えている人も少なくありません。放置していると他の症状に発展する可能性もありますから、「時間が経てば治るかも?」「これぐらいの痛みだったらまだ耐えられるから […]

肩こりの原因と分類

「肩こりは血行不良が原因」と聞いたことがあるという方は少なくないでしょう。 たしかに一部の肩こりは血行不良が原因となっている場合があります。この場合は、原因である血行不良を改善したら、結果である「肩こり」という症状も改善されます。 ところが血行を改善してもラクにならない肩こりや、温めている時はいいけれど、すぐに戻ってしまう肩こりもあります。この場合は、血行不良が原因とはいえないでしょう。 ですので […]

肩こりの定義

※画像を日本整形外科学会ホームページから引用させていただきました   本稿では、肩こりを論じる上で、前提となる肩こりの定義についてご説明していきます。   日本整形外科学会ホームページによると「肩こりの症状」として以下のように記されています。 首すじ、首のつけ根から、肩または背中にかけて張った、凝った、痛いなどの感じがし、頭痛や吐き気を伴うことがあります。 肩こりに関係する筋肉 […]

肩こりの現状

画像を厚生労働省ホームページから引用させていただきました   厚労省が行っている国民生活基礎調査によると、肩こりは、日本人が抱える自覚症状のうち腰痛に続いて上位にある症状です。 有訴者率(人口千対)の最も高い症状を性別にみると、男性は「腰痛」、女性は「肩こり」となっており、男女あわせて一位が腰痛で、二位が肩こりという状態が、何年も続いています。 厚労省のサイトで、閲覧することができる過去 […]

肩こりや首こりを慢性化させないでほしい理由と慢性化させないための日常生活の工夫

テレワークで、慣れない環境や仕事に適していない環境で作業をしている方、オンラインでの仕事をはじめたことにより、以前よりもPC作業、タブレットやスマホでの作業が増えている、という方は少なくないでしょう。   新たな生活様式を構築してうまく折り合いをつけて生活できている方がいらっしゃる一方で、ストレスと運動不足が相まって、不調を自覚する方も少なくないと思います。   仕事や生活様式 […]

◯秒で肩こり知らず?すぐにできる!肩こり解消方法・・・それって本当?というの疑問にお答えします

肩こり解消方法の嘘と本当

魔法のような肩こり解消方法、一瞬楽になる方法はたくさんありますが、それらは全部対症療法の域を出ません。そして対症療法の効果を実感できるのは症状の軽い場合です。とはいえ、対症療法は必要です。正しい知識と正しい方法で行えば効果は段違いです。痩せれば肩こりが治るといった説、これは危険です。痩せることで首肩への負担が減りますが、痩せることよりも必要なのは筋力アップです。そんな肩こり解消方法に纏わる薀蓄の嘘と本当をQ&A形式で解説します。

肩こりが○○の原因?○○が肩こりの原因?

肩こりの原因のウソ・ホント

肩こりの原因はこれだ!肩こりが簡単に治る方法といったキャッチーな情報が常にあふれていますが、もはや流行のダイエット方法と同じです。肩こりに纏わるウソほんと情報の中で、肩こりを引き起こす原因と肩こりによって引き起こされる症状についての噂について肩こり専門治療院の治療家がお答えします。

肩こりのウソ!?ホント??

肩こり薀蓄のウソ・ホント

外国人は肩が凝らない!親が肩こりだから遺伝する?肩こりで悩む人が増えたのは戦後になってからといった間違った情報について専門家が正確に回答します。肩こりの薀蓄、中でも雑学的な内容についてQ&A形式でご紹介します。たかが肩こり、されど肩こりです。肩こり”ぐらい”で・・・なんてお思いの方にこそ、ぜひ身につけていただきたい内容です。

肩こりは日本人特有の症状である!という説の真偽の検証

夏目漱石と肩こり

肩こりという言葉は日本語にしか存在しない、アジア人特有説、外人は肩が凝らない、といった説は間違いです。このような誤まった情報を発信する整体、整骨、マッサージが多いので、当記事で肩こりに関する正しい知識を身につけて下さい。我々日本人は肩というと肩の関節とその周辺と認識します。この認識自体は日本人特有といえるのです。肩も腰も背中です。海外では、肩の筋肉は背中の筋肉の一部として捉えます。muscles in upper back、これが英語でいう肩周辺の筋肉です。肩こりを治すためには、まず正しい知識を身につけることが大切です。その上で専門家による治療を受けましょう。

歯ぎしりが肩こり原因?咬み合わせが悪いと肩や首が凝るって本当?

正しいガムの噛み方

肩こりと虫歯って関係があるの?歯科医師視点ではなく、肩こり治療専門家として肩こりと歯痛、歯軋り、かみ合わせ、顎関節症などとの関連性についての論文や研究をまとめました。さらに正しいガムの噛み方、ガムの味で効果が変わることについても考察してみましたのでぜひ参考になさってください。