肩こりラボ

11/13ページ

首ポキは肩こり解消になるの?ネットやテレビで喧伝される説への疑問にお答えします。

カイロや整体で行う首ポキ施術と自分自身で鳴らしてしまう首ボキに纏わる噂について、肩こり治療の専門家としてきちんと解説いたします。自分で鳴らす首ポキは極力避けてほしいのですが、整体や整骨で行っている首ポキ施術は絶対に受けないでください。椎骨動脈解離の危険性があります。

ひどい肩こりを何とかしたい!病院いけば治る?そもそも病院で診てもらう必要は?

肩こりの解消だけなら簡単ですが、解消できない酷い肩こりに必要なのは治療です。確実に肩のこりが抜ける方法、超手軽な肩こり解消法など様々な情報がありますが、どれも対症療法ですし医学的根拠に乏しく、逆効果となるものも少なくありません。肩こり解消の本当の意味、それは、肩が凝ってもコリが自然となくなる正常なカラダになることですが、凝った部分を強制的になんとかするという意味で捉えられてしまっています。肩こりと首こりの治療を行っている専門家、治療家として責任もってきちんとお悩みの方に向けてご説明いたします。

【肩関節周囲炎】50肩の病期に応じた対症療法と原因療法とは?

五十肩の効果的な治療方法

40肩・50肩は症状により3つの期間に大別されます。あなたの現在のステージが正確に判れば、適切な処置を受けることができます。病院(整形外科)に通っても一向に50肩が治らない場合、その原因は受けている治療方法が適切ではないためです。五十肩の痛み自体は放っておけば、やがて収まります。その代償として可動域が失われます。可動域を確保するためにはステージに応じた原因療法が必要です。その具体的な50肩の原因療法を解説します。

病院での四十肩・五十肩の治療法「サイレント・マニピュレーション」「運動器カテーテル治療」 ~五十肩の痛みに耐えられない方に知っておいてもらいたいこと

五十肩治療方法の1つであるサイレント・マニピュレーションについて五十肩専門治療家として考察・解説いたします。五十肩の痛みを治めるという目的に特化した場合、医療機関で受けることのできる新しい治療法である「運動器カテーテル」も紹介します。五十肩の治す上で、痛みを抑えることは治療の最初の一歩です。

肩が痛い!腕が上げられない!!もしかして五十肩!?肩関節痛でお困りの方が知っておくべき知識

五十肩・四十肩は正式な病名ではありません。厳密には様々なケースがあるものの40代50代で肩が動かない・痛い場合の総称になっています。50肩ではないのに50肩と思い込んでいたり年齢のせいと治療をあきらめる方も多く、病院に行っても改善されない例が多いのも事実。五十肩は治ります。3回に分けて解説します。

低気圧による体調不良の仕組みを知って気象病・天気痛・気圧痛を解消!!病院いくなら何科?という疑問にもお答えします!

天気が悪いと体調が悪くなるのには理由がある

台風・大雨・大雪と体調不良は密接な関係にあります。天候が悪いときに起こる関節痛や頭痛といった症状は天気痛といいます。天気が悪いと体調が悪くなるのには明確な理由があります。低気圧が原因ではなく、気圧の変化が体調に影響を与えます。代表的な症状である肩こり、頭痛、自律神経の乱れと気圧の変化の関係についてまとめました。気圧の変化は天気だけでなく高層ビル・タワーマンションといった建物の増加により影響を受けやすい環境になっています。6階以上の居住で発症するといわれている「高層階病」「超高層ビル症候群」は気圧変化と深い関係があるのは間違いありません。気圧変化による体調不良を改善する簡単なマッサージを紹介します。

パフォーマンスアップを望むアスリート(ダンサー含む)に有効な鍼とマッサージ。客観的視点から再検討してみました。

プロスポーツ選手には専門のトレーナーがついています。治療も行えるトレーナーがいたり治療専門のスタッフが帯同しています。現実には適切な治療や処置がされず選手生命を逆に縮めてしまうという本末転倒なことも起きています。今回、アスリート、ダンサーに有効な鍼灸マッサージ治療についての解説です。治療家が客観的視点にたって再検討してみました。

ひどい肩こりや首こりが整骨院・整体に通い続けても一向に改善しない方は「東洋医学と西洋医学の違い」を知りましょう

西洋医学と東洋医学のちがい

東洋医学はオカルト、むしろ患者さんを騙すカルトだという方もいらっしますが、肩こり研究所は東洋医学を否定はしません。東洋医学を否定はしませんが、肩こり研究所はあくまで現代医学つまり西洋医学的根拠に基づいた鍼マッサージ治療のみ行います。整体やカイロ、足つぼ、リンパマッサージといった医学的根拠が皆無な施術は治療ではありません。それらは治療ではなくても癒やし効果は期待できます。逆に治療に特化する以上、癒やし目的の施術は行っていません。治療と癒やしを両立することが患者さんにとって一番のメリットだと考えています。

鍼灸マッサージの裏事情(2) 医業類似行為による事故をふまえて、まぎらわしい業界事情・用語・資格についての解説

肩こり・首こり・腰痛などの慢性疼痛疾患にお悩みで様々な施術所を巡っている方に知って頂きたいこと。医業類似行為による事故、表に出てこないトラブルが多発しております。リラクセーションをご利用の場合、ご自身の目的を明確にすることが大切です。治療なのか癒しなのか、これは受ける側がしっかり意識しなければなりません。

継続してもパフォーマンス(競技力)が向上しない/故障が減らない/腰痛が治らない・・・共通する理由を知っておきましょう

体幹トレーニングをする前に知っておくべき必要なことがあります。スポーツは怪我・故障と向き合うものです。腰痛持ちや膝が悪いといった長年の悩みはパフォーマンスがなかなか上がらない人の悩みと似ています。プロが行っている体幹トレーニングを一般人が行っても効果ありません。むしろ逆効果の場合もあります。

1 11 13