ブログ

3/11ページ

肩こりの原因(2)|どうして肩こり・首こりが発生するの? 凝りが発生する根本的な原因と仕組み

肩こりとは肩の辺りがこわばって重苦しく感じられる自覚症状のことです。以前は年齢が高くなると発生しやすくなるとされていましたが、近年では若年層にも肩こりだという方が増えました。 医学的には「病気ではない」とされていますが、現代人にとって無視できない悩みの1つであり、慢性的につらい不快な症状を抱えている人も少なくありません。 放置していると慢性化し、頭痛や吐き気、耳鳴り、めまい、胃腸の不調、全身倦怠感 […]

肩こりの原因(1)|肩こりや首こりの原因は血行不良や筋膜の癒着だけではありません。凝りでつらい部分は何がどうなっているのか?

はじめに 肩こりは大きく分けて、症候性肩こりと本態性肩こりの二つに分けられます。   症候性肩こりは、病気が元になって生じている肩こりで、この場合は医療機関にて病気の治療が必要となります。例えば、風邪の諸症状としての肩こり、メニエール病に伴う肩こり、肩関節周囲炎に伴う肩こり、うつ病に伴う肩こり、心臓病に伴う肩こり、などがあげられます。しばしば、テレビなどメディアで「肩こりだと思ったら怖い […]

クライアントの安全を守る救急処置研修を行いました

2021年3月26日、29日の二日間にわたり、国士舘大学 体育学部 准教授 髙橋宏幸先生を招き「クライアントの安全を守る救急処置」についてご講習いただきました。   1日目 ●救急システムや現場で起こり得る各疾患の各論を確認 1日目は座学を中心に研修を行いました。 私達は、救急対応を実施出来るのみでなく、1つ1つの行動に対する意味を説明出来なければなりません。 その為に、対応する可能性の […]

肩こりの原因と分類

「肩こりは血行不良が原因」と聞いたことがあるという方は少なくないでしょう。 たしかに一部の肩こりは血行不良が原因となっている場合があります。この場合は、原因である血行不良を改善したら、結果である「肩こり」という症状も改善されます。 ところが血行を改善してもラクにならない肩こりや、温めている時はいいけれど、すぐに戻ってしまう肩こりもあります。この場合は、血行不良が原因とはいえないでしょう。 ですので […]

肩こりの定義

※画像を日本整形外科学会ホームページから引用させていただきました   本稿では、肩こりを論じる上で、前提となる肩こりの定義についてご説明していきます。   日本整形外科学会ホームページによると「肩こりの症状」として以下のように記されています。 首すじ、首のつけ根から、肩または背中にかけて張った、凝った、痛いなどの感じがし、頭痛や吐き気を伴うことがあります。 肩こりに関係する筋肉 […]

肩こりの現状

画像を厚生労働省ホームページから引用させていただきました   厚労省が行っている国民生活基礎調査によると、肩こりは、日本人が抱える自覚症状のうち腰痛に続いて上位にある症状です。 有訴者率(人口千対)の最も高い症状を性別にみると、男性は「腰痛」、女性は「肩こり」となっており、男女あわせて一位が腰痛で、二位が肩こりという状態が、何年も続いています。 厚労省のサイトで、閲覧することができる過去 […]

年末年始休診のお知らせ

  当院は、12月31日(木)から1月6日(水)まで休診とさせていただきます。 ご不便をお掛けしますが、ご理解の程、宜しくお願いいたします。     12/30 12/31 1/1 1/2 1/3 1/4 1/5 1/6 1/7 水 木 金 土 日 月 火 水 木 通常通り受付 休診 通常通り受付     TOPページに戻る:肩こりや首こりの治療や […]

自分の体に適した机と椅子の高さとは?人間工学に基づいた計算方法をご紹介。デスクワークで肩こり・首こりにお悩みの方は是非ご一読ください。

はじめに   先日投稿したこちらのブログでは、パソコン作業をする上で、首や肩の負担を軽減するために重要な以下の3つのポイントをお伝えしました。 机と椅子の高さの調整 ディスプレイやキーボードの置き方 姿勢の意識 ブログはこちらから↓↓↓   肩こり・首こりが気になる方が意識すべき、パソコン作業時の適切な姿勢(座り方)とデスク環境とは? 厚生労働省のガイドラインをふまえて解説しま […]

肩こり・首こりが気になる方が意識すべき、パソコン作業時の適切な姿勢(座り方)とデスク環境とは? 厚生労働省のガイドラインをふまえて解説します。

はじめに   昨今リモートワークが急激に普及し、パソコンを自宅で使う機会が多くなりました。   通勤時間の減少などメリットも多い一方で、運動不足に陥り、首こり・肩こりなどの慢性的な不調を訴える方が、より増えてきていると実感しております。当院の患者さんからも、自宅にてテレワークを行うことで、今まで通勤やオフィス内の移動が運動になっていたことに気がついたとおっしゃる方が少なくありま […]

HYPERVOLT(ハイパーボルト)とHYPERVOLT PLUS(ハイパーボルトプラス)でどちらにしようか迷っている方へ。実機を用いて使用感の比較検証しました。

はじめに 肩こりラボでは、HYPERICE社製品の各種機器を、治療で取り入れています。各機器の中でも特に使用頻度が高いのが、HYPERVOLT(ハイパーボルト)とHYPERVOLT PLUS(ハイパーボルトプラス)です。 HYPERICE社製の機器は複数ありますが、中でもHYPERVOLT(ハイパーボルト)とHYPERVOLT PLUS(ハイパーボルトプラス)は、メディアやSNS等で度々紹介されて […]

1 3 11